セレモニーバウムクーヘン

まるごと1本のバウムクーヘンでケーキ入刀!セレモニーバウムクーヘン

焼き上げたバウムクーヘンをスライスする前の状態で見たお客様が一言。
「このまま、まるまる1本をかじりついてみたい~♪」
そこから「セレモニーバウムクーヘン」は生まれました。
結婚式の引菓子を作っているヌベールならではのウェディングアイテムに仕上げました。

ドイツでは2人初めての共同作業ということで、向かい合って丸太にのこぎりで入刀するとのこと。
丸太に見立てたバウム(樹)クーヘン(お菓子)に入刀するのも、意味のあることなのです。

ケーキ(バウムクーヘン)入刀の前に、友人2人がバウムクーヘンをかついで入場!
みんなにチョコペンで祝福のメッセージをワイワイと書き込んでもらう
ファーストバイトは「まるごと1本かぶりつくんだぁ~」
など、盛り上がるアイテムです。

お味のほうもヌベール引菓子の「米粉を使ったバウムクーヘン」と同じレシピですのでバッチリですよ!デザートとして切り分けてお召し上がり下さい。ホイップした生クリームがとっても良く合います。

※こちらの動画ではバウム表面の「HappyWedding」が「フィルム印字」ですが、現在は「焼印」になっています。